サロンの違い

最近では、いろいろなサロンがあり、それぞれによって違いがあります。確かに、エステサロンで提供されているサービス内容と重なる部分もあります。しかし、リラクゼーションサロンは、外面的な美を求めることを追求するエステサロンとは違い、内面の癒しや精神的な効果を得るためのサービスを提供する場であるといえます。 例えば、アロママッサージやリンパマッサージなどは、両者に共通するメニューだといえます。しかし、アロママッサージの場合、リラクゼーションサロンでは、よりヒーリング効果の高いアロマの使用や手法などを重視しています。

エステサロンの場合、脱毛や痩身、ネイルやメイクなど技術面での効果が期待されています。それに対し、リラクゼーションは、むしろ肉体的あるいは精神的な疲労回復とリラックス効果を主目的にしたメニューが充実している、といえます。 それぞれのリラクゼーションサロンで提供されるメニュー内容は、個別のケースで異なるでしょうが、基本的には癒しをテーマにしたサービスが中心になっているはずです。 したがって、来客側も疲れを取り、文字通りリラックスできることを店舗側に望みます。そして、スタッフも、そのための知識と経験を有することが求められます。 個人経営の店や全国展開のチェーン店など、現在、多くのリラクゼーションサロンが誕生しています。価格だけで判断せず、サービスの内容や質を重視した選択が望まれます。